ビーフンの上手な作り方

ビーフンは米を原料とした麺であり、中国から東南アジアでよく作られ、よく食べられています。食べ方には焼きビーフンとスープビーフンがあります。

サイトトップ > ビーフンに関する情報

スポンサードリンク

ビーフンの上手な作り方

ビーフンに関する情報


ビーフンは米粉と表されるように、本来であれば米の粉のみから作られるものです。しかし、最近何かと物議を醸し出している中国においては、非常に安価なビーフンも販売されています。


その中には、イモなどから生成したデンプンを漂白して純米ビーフンのように見せかけた粗悪な製品もあるようです。台湾においても、米だけで作られているビーフンは少数派であり、こちらではトウモロコシのデンプンを混ぜて作るのが主流となっています。


ただ、トウモロコシを加える目的はただ単に量を増やすためだけではありません。食味の向上や、茹でた後に伸びやすくて扱いづらかった純米ビーフンの欠点を克服するために開発された製法なのです。


つまり、この場合は粗悪品というものではなく、改良品であるといえます。この台湾や中国福建省では、ビーフンをスープに入れて、スープ麺のようにして食べたり、エビや野菜などを加えて炒めた焼きビーフンが一般的であるようです。


台湾では特に新竹市がビーフンの産地として有名です。新竹地域は米の生産地であり、特に冬の間はビーフンの乾燥に適した冷たく乾燥した季節風が吹くこともあって、ビーフンの生産が盛んになったようです。この地で作られている「新竹米粉」は、ビーフンのブランド名にもなっており、アメリカや日本などにも輸出されています。


ビーフンの上手な作り方

MENU



スポンサードリンク