ビーフンの上手な作り方

ビーフンは米を原料とした麺であり、中国から東南アジアでよく作られ、よく食べられています。食べ方には焼きビーフンとスープビーフンがあります。

サイトトップ > 簡単な焼きビーフン

スポンサードリンク

ビーフンの上手な作り方

簡単な焼きビーフン


焼きビーフンはとても簡単で美味しい料理です。使用する具材もほぼ何でもOKですので、残り物の肉や野菜を使っても作れます。今回は、豚のこま切れ肉とショウガ、しいたけ、ゆでたけのこ、ニンジン、白菜、玉ねぎ、ネギ、ピーマンなどを使用します。白菜の代わりにキャベツでもOKです。


先ずは、鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、その中にビーフンをほぐしながら入れて1〜2分間茹でて戻します。ビーフンの戻し方は各メーカーによって異なりますのでそれぞれの説明書に従って下さい。


ビーフンが茹で上がったら冷水で冷やし、サラダ油を少々ふりかけて麺が固まらないようにしておきましょう。野菜類はよく水洗いをして、すべて細い千切りにします。ショウガはみじん切りにします。


中華鍋をよく熱したらサラダ油を入れ、豚のこま切れ肉とみじん切りにしたショウガを入れてよく炒めます。さらに、細い千切りにした玉ねぎ、ニンジン、しいたけ、ゆでたけのこを入れ、半分くらい火が通ったら、白菜とビーフンを入れて混ぜ合わせます。


ビーフンを入れてから混ぜるときは、金属のフライ返しでは麺が切れやすいので、長箸や木のしゃもじを利用するといいでしょう。よく混ざったところでネギとピーマンを入れ、塩、しょう油、砂糖、酒を適量加えます。最後にゴマ油を振り入れ、味見をします。味が不足していたら塩を加えて味を調えましょう。これで焼きビーフンの出来上がりです。


ビーフンの上手な作り方

MENU



スポンサードリンク