ビーフンの上手な作り方

ビーフンは米を原料とした麺であり、中国から東南アジアでよく作られ、よく食べられています。食べ方には焼きビーフンとスープビーフンがあります。

サイトトップ > ピリ辛の焼きビーフン

スポンサードリンク

ビーフンの上手な作り方

ピリ辛の焼きビーフン


焼きビーフンは簡単に作れて便利な料理ですが、いつも同じ味では面白くないですね。たまには変わった味の焼きビーフンを作ってみるのも良いと思います。


例えばカレー味の焼きビーフン。実はシンガポールの焼きビーフンには、普通の焼きビーフンをカレー味に変えているものがあるようで、それはシンガポールの名物料理となっているそうです。これならば、カレー粉を使えば簡単に作れそうですね。でも今回は、カレー味ではなく、ピリ辛に仕上げた焼きビーフンを作ってみたいと思います。


先ずはたっぷりのお湯で、ビーフンを5分くらい煮てザルにあけて水分を切っておきましょう。いわゆるアルデンテくらいがちょうど良いでしょう。野菜はあらかじめカットしておきましょう。


今回は、白菜、玉ねぎ、人参、いんげんを使います。油を引いた鍋でひき肉を炒めます。肉から油が出るので、少ない油でも大丈夫です。もちろん、他の肉でもOKです。ひき肉の色が変わってきたら、火の通りにくい野菜から炒めていきましょう。野菜に火が通ったら塩コショウして、豆板醤、ケチャップ、出し汁、みりん、酒を加えて炒め合わせます。豆板醤は種類によって辛さが異なるので、ここで調整しましょう。ちょっと汁気が多いくらいで大丈夫です。そこにビーフンを加えて炒めます。全体的に合わされば完成です。


ビーフンの上手な作り方

MENU



スポンサードリンク